iconDownload.cgi-4

今日で禁欲6日目です。
明日でやっと1週間です。感覚としては、はじめの3日間は日数が立つのがとても 遅く感じました。それ以降は、



「あ、もう1週間立つんだ」



という感じです。それでは6日目はどんな効果があったのか?
結論から言いますと


ー6日目成果ー
・自信を持って行動できる
・テンション高いね、いつも笑顔だねと女性に言われる
・小顔になる 




一番変化を感じたのは、「自信を持って行動できるようになった」ということです。
エロ禁を1日1日重ねていくことでだんだん自信を持って行動できるようになっているのを感じました


これは、やはりエロ禁(おな禁)を続けたことによるテストステロンが影響しているの思います。
テストステロンについては、以下の記事を参考にしてください。



テストステロンは簡単にいうと、良質な男性ホルモンです。そのホルモンの影響で、常に自信を持って行動できているのです。


 
テストステロンは、日本男性より欧米の男性などの方が高いと言われています。そのため、日本男性より欧米男性の方が自信を持って女性と接せれることが多いそうです。




「自信を持って行動できたってどういうときに?」



と思われるかもしれません。
具体的には、例えば会話。自分は以前友達や女性と会話をするときに、時々ある沈黙の間がとても嫌いでした。
嫌いというより、苦手でした。魔ができると



「何か話さなきゃ、、、。」



と焦ってしまうのです。やはり、そういう焦りって、話してる相手って伝わりますよね。
この焦りって自分に自信がないのが原因なんですよ。自信が持てないから、相手より劣って感じてしまう。だから、自分が気を使って 沈黙の魔を埋めようとする。



周りを見て、自分に自信を持ってる人ってきっとそういう沈黙の魔とか絶対に気にしないと思うんですよ。 



そして、禁欲を初めて6日目の私のマインドはどうか?
なったんですよ。この魔を気にせず話せるように



私にとっては大きな成長です。確かに振り返っても、1ヶ月おな禁を継続できた時も自信を持って行動できていたなと。



やっぱり自信ってものすごく大切だなと思いました。自信があったら、あまり周りの目は気になりません。


「〜をやっても大丈夫かな、、、?」
「これやってるの自分だけじゃない、、、?」


そういうのも今はなくなりました。悪いようにいうと、軽度の自己中なのかも。笑
元々、他人がどう考えているのかをすごい気にする人間でした。だから、こういうことをしたら相手はどう思うのかというのをとても気にして、発言できない、行動できないことも多かったです。



今思うのは、スケールがだいぶん大きくなるのですが、人生って自分のためにあるべきだと思います。だから、会話とかも相手にばっかり気を使うのではなく、自分が中心でもいいわけなんですよ。



その代わりに、相手が喋りたいことはしっかり聞いてあげること。



こういう気持ちになれたのも、エロ禁のおかげです。オナ猿時代ではこういう気持ちにはなれなかったわけですから。



それから、女性からこの6日までで

「今日テンション高くない?」

「いっつも笑顔でいるね!」


というお言葉をいただきました。これも、オナ猿期には言われたことがなかったこと。
おな禁は効果がないとか言われる方もおられますが、本当に体験しているのかなと思います。


確かに、プラセボ効果もあるかもしれません。でも私は、実際にこのように体験して効果を得れているわけです。それなら、リセットするのは勿体無いですね。


これからも継続していきます。



他の効果は、見た目の変化が!
これまでも、顔がシュッとしたという報告をしましたが、今日は明らかにおな猿期と比べて顔が小さい。



色々効果のあった6日目でした。



ー6日目成果ー
・自信を持って行動できる
・テンション高いね、いつも笑顔だねと女性に言われる
・小顔になる 


継続は力なり。