筋肉


みなさんテストステロン高めていますか?テストステロンって様々な 特に男性にとって良い効果があります。



そんなテストステロンを高める効果のある音楽はあるのか?
そのような音楽があれば筋トレ中などに聞きながら筋トレすればより効果は上がりそうですよね!


今日はテストステロンと音楽の関係性についてお話しします。 


ちなみにテストステロンについて詳しくわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。


[男磨き]モテホルモン?|モテに必要なテストステロンを増やすためにすべきこと5選!

 


1.音楽が人に与える影響とは?



音楽
音楽は様々な影響を人に与えます。気分を高揚させてくれたり、リラックス効果をもたらしてくれます。
気分を高揚させるには、EDMなどの激しい曲を聞けば良いと言われていますが実はそうではありません。


一番気分を高揚させてくれるのは、自分が好きな音楽を聴くときです。そのため、youtubeなどである、気分を高めるBGMなどを聴くより、自分の好きな音楽を聴くほうが気分は高まります。


それは、好きな音楽を聴くことで他の音楽(EDMなど)と比べて、脳内物質のドーパミンがより多く出るという研究結果もあります。




2.どういう状況がテストステロンを高める?

マッスル

モテホルモンであるテストステロンを高める方法は、新たなことに挑戦するときに高まります。


挑戦 → テストステロンの向上


という関係性があります。つまり、様々なことに挑戦するたびにテストステロンは向上していくのです。



その他にも、試合などで勝つ、努力をする、筋トレをするなどがテストステロンを向上させます。
これらに共通するのは、張り詰められた緊張感です。


そのような環境の中で、自己成長を遂げられるとテストステロンは得られます。


3.テストステロンを高める音楽はあるのか?

テスト

結論から言いますと、男性はテストステロンを高めるためには音楽はおすすめできません
それより、むしろ音楽を聴くことによってテストステロン値は減少します。


これは、奈良教育大学の研究によりますと

合計70人の被験者(男性60名、女性10名)が二つの条件で実験を受けた:30分の音楽聴取(被験者の好きな音楽、グレゴリオ聖歌、モーツァルト、ジャズ、ポピュラー音楽)と、3)分の沈黙である。その間4回にわたって唾液を採取し、T値(フリー・テストステロン)をRIA法により測定した。その結果、音楽聴取により有意にT値が減少した。分散分析の結果、Tに主効果があり、音楽のカテゴリーとTの間に相互作用が見られた。Tは音楽能力やストレス、免疫反応などとも関係が深い物質である。

という結果が出ています。この結果より、音楽を聴くことにより、テストステロン値が減少しています。
つまり、音楽がテストステロンを減少させるのです。

これは、前にも述べた音楽のリラックス作用が、緊張感を減らすのが影響と考えられています。

4.それでは、音楽は聞かないほうがいいの?



禁煙1

音楽を聴くことによって、テストステロン値は下がりますが、私は聞かない方がいいとは思いません。


確かにテストステロン値は下がりますがそれより、音楽にはリラックス効果という大きな利点もあります。


テストステロン値を高めてモテモテになりたい!男らしくなりたい!
という方には、少し残念な結果になりましたが
それでも、常に張り詰めた環境で生活していても苦しくなるだけです。



たまには、音楽も聴いてリラックスすることも大切だと思います。


5.まとめ



本日は、音楽とテストステロンについてお話ししました。
結果としては、少々残念な結果になりましたが


音楽でカバーせずとも、筋トレしたり、色々なことに挑戦したりすれば
テストステロンは高まります。


挑戦する(筋トレetc) → テストステロン高まる → モテる → さらにモテたい → 色々挑戦する (筋トレetc)→・・・・


このスパイラルを身につけれれば、いいですね。  興味がありましたら、下のリンクからどうぞ!


他にも人気なブログランキングはこちらから(°▽°)


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村での人気ランキング


継続は力なり。