PP150719540I9A0193_TP_V


「パチンコ(スロット)やめたいけどなかなかやめれない」

「気づいたらパチンコ屋に入ってた」


という方は多いのではないでしょうか? 
私も、ギャンブルをし始めたのが22歳の頃で、およそ2年間通っていました。 
時間の無駄、お金の無駄遣い、匂いが臭い、友達が減るなど、スロットをしてて、様々な悪影響を受けてきました。


そこから、私とギャンブルとの戦いは始まったのです。 



そんな、禁パチ、禁スロをしたいという方に、するときのコツや
どれほどパチンコをすることが無意味であることを伝えていければと思います。




実際 、ギャンブルは失うものばかりで得るものはほとんどありません。
仮に行きたくなったら、この記事をみれば、行きたくなる気持ちを抑えれるような記事にしたいと思っています。 

 










1.ギャンブルはどうしてハマるの?

ばつ



ギャンブルはどうしてハマるのでしょうか?
そもそもギャンブルに1回も行ったことがない人はハマりません。


つまり、ハマるのは、1回でもギャンブルに行くきっかけがあった人だけです。
そのきっかけは、友達、先輩に誘われた、試しに一回行ってみたなどいろいろあると思いますが、その行った中ではまって行く人の多くはビギナーズラックが原因です。



ビギナーズラックを引いて、今まで得たことの内容な大金が数時間足らずで手に入った。
それにより、金銭感覚が狂うのと、日常生活では出ない大量のドーパミンが分泌されます。


  1. 大量のドーパミンをギャンブルで得る
  2. 日常ではそれほど多くのドーパミンは得られない
  3. 日常生活での刺激が少ない
  4. パチンコ屋に行こう


このような流れで、気づいたらパチンコ屋にいたというケースが多いです。

「禁パチ(禁スロ)したら、退屈で仕方なくなった」


「日常が物足りない」


方は多いのではないでしょうか?
しかし、パチンコやスロットにはまる前のあなたは、そんな退屈な日常でもテレビや読書をしてゆっくりしたりしていましたよね?



一度ギャンブルの依存症にかかると、このゆっくり過ごすとが物足りなくなります




禁欲体験記10日目[依存症克服]|依存症になるまでの経緯と多くの悪影響とは?

はまる原因はドーパミン?セロトニン?

kuchikomi1140_TP_V



先にも述べたように、人はドーパミンを求めパチンコ(スロット)をします。
また、ドーパミンと似たような物質で、セロトニンというものもあります。


パチンコ依存症が脳に及ぼす影響は予想以上に深刻なんです。ヒトは幸せを感じると「セロトニン」というホルモンが出ます。「ご飯が美味しい」「気持ちがリフレッシュした運動」など、心に良いとされている行動にはこのセロトニンが大きく関わっているのです。そして、もう一つ大切な役割を持っています。依存症を増加させる脳内ホルモンは「ドーパミン」ですが、セロトニンはそのドーパミンを抑制する力があります。心が健康で幸せを感じていたり、適度に運動していたり日ごろからセロトニンの分泌が活発であれば「ドーパミン」の増加を防ぐことができるので、ギャンブルもスパッとやめることができたり自分の気持ちを抑えることができるのです。しかし、睡眠不足・運動不足・ストレスを日ごろから強く感じた生活をしていると、セロトニンは出にくくなります。

引用:[まとめ]全ては脳次第。パチンコ依存症がもたらす脳への影響4選



これから分かるように、ドーパミンとセロトニンは密接な関係にあります。
ギャンブルによって、ドーパミンが多量に分泌されるなら、その分泌量を調節するセロトニン量を増やせば良いのです。


ギャンブルにはまりやすい人とはまりにくい人はこのセロトニンの分泌量も影響されていると考えられます。セロトニンを増やす方法は、


  1. 早寝早起きを整える
  2. 睡眠時間をしっかり確保する
  3. 運動をする
  4. 笑顔でいること


などがあります。まずは、生活習慣を整えることが大切です。






あなたのパチンコ(スロット)依存度はどれくらい?


N695_huruipachinkodai_TP_V

ギャンブルを止めようと思うのであれば、あなたの現状がどれほど依存しているのか知ることは大切です。ギャンブル依存症の方は、そのことをあまり問題視してないことが多いです。


ギャンブル依存症自己診断



こちらのサイトでできますので、一度診断することをお勧めします。







周りの人はあなたのことをこう思っています


kuchikomi972_TP_V


ギャンブルをされる方自身はあまり気づいておられないかもしれませんが、自分が思っている以上にギャンブル依存症の人は、周りに悪いイメージに思われています。


ギャンブルをすることによって、しない人と比べると、お金、時間に余裕がなく、身だしなみや部屋なども適当になりがちです。



またギャンブルをすることにより、ストレスも抱え、疲労も感じます。ギャンブルに行きたくて、そわそわもするかもしれません。



そんな状態を第3者が見ると、いいイメージを持たれることは少ないでしょう。
また、タバコを吸わない人でも、服にタバコに匂いがついたりもしますよね。




正直私は、2年間ほどスロットを打ってきましたが、スロットをしていていいことは一つもなかったです。




禁欲体験記5日目[依存症脱却]|ギャンブルにハマると友達(友達からの誘い)が減るお話


ギャンブル(パチンコ、スロット)をやめるときの対策

炭酸


ギャンブルをやめるためには、ただ「よし、今日からやめよう!」
という気持ちでは、正直厳しいと思います。もちろん、気持ちだけでもやめれる方もおられると思いますが、ほとんどの方がまたギャンブルをしに行ってしまいます。



そのため、私が色々試して、効果が実際にあった対策を紹介したいと思います。



ちなみに私は、ギャンブルをやめるために、色んな本などを購入して読みました。
その中で特にお勧めしたい本がこちらです。






この本は、借金300万円を作り、離婚にまで追い込まれた作者が見事ギャンブル地獄から抜け出したお話です。
主に、ギャンブルに対する考え方などを、正すことから始まり様々なコツが紹介されております。



私が、ギャンブル依存から抜け出せたのも、この本の考え方を参考にしている所は多いです。
ぜひ、読んで見てください。


禁欲4日目[依存症克服]|禁欲解除トリガーとの上手な付き合い方は?


代わりの時間やお金の使い方を考える


IMG_1556


ギャンブルをやめると、それだけ時間が増えたり、お金を使わなくなり、貯金もできます。
その余った時間やお金をどう使うか考えましょう。



「貯金すればいいんじゃないの?」



と思われる方もいると思います。
確かに、貯金できればいいですね。


しかし、ただギャンブルをやめて、お金も使わない、時間も余っているのでは、退屈になり、経験上再びギャンブルに手を染めてしまう可能性が高くなります。



それなら、今までギャンブルで使っていたお金を全額使う必要はありませんが、その一部を服に使ったり、昔自分がハマっていたものにお金を使って見てください。


私も、以前ハマっていた魚釣りと筋トレを再び始めました。
今までギャンブルで、月におよそ6万くらい使用していましたが、そのうち毎月2万ほど魚釣りとやジムの料金として使用しています。


これをすると、1月にお金ってこんなに贅沢に使えるんだ!ということを再認識できます。






ギャンブルが勝てないことをしっかり理解する



PAK88_kinpikagold20131005121315_TP_V
ギャンブルにハマる人は、ほとんどが勝てると思っています。
また負けていても「必ず取り返してやる!」と思っているのではないでしょうか?
もうわかっている方もおられると思いますが、一次的に取り返せても、トータル収支は大抵が負けてます。


なぜか勝てると思うのでしょうか?それは、最近ではyoutubeなどでパチプロなども多数おり、その動画をみて、「自分も勝てるのでは?」と思ってしまいます。



しかし、パチンコ屋も、商売です。人件費、電気代、機械台、広告費など諸々かかります。私たちが想像している以上にかかります。


その中でも、経営が成り立つのは何でかはわかりますね。それらの経費は私達の投資額から成り立っています。



パチンコ屋に行くことが負けなことを知る



TS1310_TP_V
「パチンコに行って今日は勝った!良かった!」
「スロットで万枚出して20万円!」


確かに一気に20万円すごいですよね。
けど、結局はそのお金は次のスロットで使ってしまっていますよね。


パチンコ屋に行った時点で負けなのです。その日稼いだところで、次の日にはなくなっています。
また、そんなに時間をパチンコに費やしていますが、何か得るものはあるのでしょうか?



パチンコ屋から得るものは、何もありません。
時間、お金、自信、人間味、、、。全てを失うだけです。








今まで失った時間、お金を理解



BIBAI1995101_TP_V


一度今までの使用したお金を計算してみてください。
いくら使ったかわからない人はおおよそでも大丈夫です。


私も収支はつけていませんが、おおよそ平均的に3万円くらいの損失をしていました。
それを2年半続けていますので、


3万 ✖️ 30 =約90万円



です。
正直今でもほとんど実感はありません。依存しているときは、苦には感じませんでしたが、何ヶ月も禁パチしているとそれの異常さがわかります。



現金を持ち歩かない



INA99_saifuaketara1en_TP_V


私が、1番効果的であったなと思った方法がこの方法です。
とにかく、現金は持ち歩いてはいけません。
といっても、非常時などに現金がないと困る場合はありますので、3千円くらいを小銭として持ち歩きます。


財布が重たいと思うなら、1000円札一枚、あとは小銭など。
そして基本的には、クレジットや、電子マネーなどで生活をします。


それと大切なのが、キャッシュカードなどを財布には入れないことです。


  1. 現金は三千円まで(お札は多くて一枚)
  2. クレジット、電子マネーで極力生活
  3. 現金はなくなり次第三千円になるように補充
  4. キャッシュカードは財布に入れない


この4つをとにかくしっかり守りましょう。

代わりに副業をする



macbook1989_TP_V


前にも話しましたが、代わりの趣味を見つけることはとても大切です。
暇な時間ができれば、それだけ再発する可能性が高いです。



その暇な時間を、副業などに当ててみてはいかがですか?



お金がないから、お金が欲しくてパチンコをします。
勝てるときはありますが、安定はしません。


副業(アフィリエイトなど)は安定した収入を得るまで苦労しますが、リスクを伴わずまた自分の資産となります。


短期的な収入より、長期で見て安定した収入を得れると気分的にも楽になります。





ツイッターなどで仲間を探す

kuchikomi917_TP_V


ツイッターなどで、同様に禁パチ、禁スロなどをされている方をフォローして、互いに支え合ってやめていくことも大切です。


私も、3ヶ月前から、ツイッターで禁ギャンブルなどの専用のアカウントを作り、禁ギャンブルに挑戦されている方を多くフォローしました。


これにより、



  • くじけそうな時に同志のツイートを見て頑張れる
  • 自分が禁ギャンブルした日数と内容をツイートすると、応援してくれる
  • 長期禁ギャンブルされている方のツイートは参考になる



など、多くのメリットがあります。




ネットやテレビでのパチンコ情報を見ない



00_PP41_PP_TP_V


パチンコやスロットの情報を完全にシャットアウトしましょう。
これは、私も経験はありますが、まだギャンブル依存症のうちは少しでもギャンブル情報が目に入ると当分頭の中でギャンブルがよぎります。



少しでも楽に禁パチ(スロ)したのなら、パチンコ情報は一切シャット!




4.[経験談]行きたくなった時の呪文

悪魔





考え方を変えることも大切だと思います。
それまでのうまくいかなかった時の禁スロは

「絶対に行かない!いってはいけない!」


とどちらかと、自分を律するようなやり方をしていました。けれども、やっぱりこのように禁止することって余計にやりたくなるのが人間だと思います。


それだから今回は

「行く必要なくない?行っても〇〇失うだけだし。。。」



というような考え方に変えました。この〇〇は自分が一番失いたくないものを入れると良いと思います。


実際にこの考え方に変えてから前より禁スロがやりやすくなりました。
実際、禁煙などの禁欲も、このように考え方を変えるだけで、意外とすんなりやめれたりすることもあります。


2週間経ってもたまに「スロット行きたくない?」と考えるときはありますが、その時も必ず



「いっても、お金も時間も失うだけだよ?もっと有意義に使おうよ!」


と必ず言います。これを続けることで、意識しなくてもその考えが定着してきます。



スロ禁:1日目|スロ禁継続前と後の違い(1ヶ月)

まとめ


今回は、ギャンブル依存症の心境や、やめる時のコツなどを書いてきました。
ギャンブルは1度ハマるとなかなか抜け出せない人がほとんどです。



それでも、ちゃんとしたやり方を継続できれば必ずやめれます。
少しずつでもいいですから、パチンコ屋から離れて行きましょう。


また一発で成功できなくても、やめたいという気持ちを持ち続けて、やめようと努力し続ければ、コツもわかり、いつか必ずやめれる日はきます。